介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 外語福祉士の資格難易度

外語福祉士の資格難易度

 介護福祉士と言いますのは、介護施設、あるいは障害者施設で日頃の生活がむずかしい老人及び障害者などをバックアップすることを仕事としています。介護福祉士資格を取るには国家試験を受けるか介護福祉士の養成施設を卒業するかの2通りあります。しかし、2022年以後は養成施設学校を卒業しても国家試験を受けてパスしなければ介護福祉士になれません。介護福祉士につきましては国家資格であっても名称独占資格とされていて、資格取得しないと介護福祉士と名乗って仕事ができません。受験者の総数は、例年数万から10万人受けていますので、資格の中でも注目を集める資格と言えます。一般的に考えて女性の方の受験者が一般的ですが、介護福祉士の業務内容につきましては基礎体力を活用する可能性があり、男性の方の受験者も年を経るごとに増えいます。

 今現在のの国家試験においては、筆記試験及び実技試験の2種類が実施されることになっています。筆記試験及び実技試験、いずれにおいても、60パーセント以上の得点が合格ラインとなってきます。筆記試験においては11科目ばかりか、総合問題が出されます。全てに亘って、ひとつひとつ6割をオーバーする得点を獲得することが不可欠です。
実技試験に関しましてもと同じ様に、60パーセントをオーバーする得点を得ることが必須条件です。そして最近改正され、実務者研修が義務化されていますので、注意が必要です。合格するパーセンテージについてですが、ほとんどのケースで60%よりも高い合格率と言えます。こうした合格率を一目見た限りでは、国家試験の難易度について、国家試験の中に於いてはそれほどまで高くはないと考えられます。自明のことですが、気を抜くと合格す出来ませんので、丁寧に学んでいくことが重要です。

 介護福祉士と並行して三代福祉国家資格と考えられている社会福祉士と精神保健福祉士と合格する確率を見比べますと、社会福祉士試験の合格する割合は、非常に低く、比較すると難易度が非常に高いと言えるでしょう。精神保健福祉士試験の合格する確率は、合格率のみ確認してみると社会福祉士よりすこし容易といえます。しかしながら、試験を受験するバックグラウンドなども違うので、いちがいに難易度は言えないでしょう。介護の業務につく方が一番最初にとる可能性が高い資格である介護職員初任者研修の合格する割合につきましては公表されていませんが、講義、あるいは実習をしっかりと受ける事により多くが合格することができると言われています。従いまして、介護福祉士のほうが相当難易度が高いと考えられます。

カテゴリー