介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護福祉士の資格を得るための方法は

介護福祉士の資格を得るための方法は

高齢化が進む日本、なんと2025年には75歳以上の高齢者が2200万人にも達し、人口の4分の1を占めるまでになると言われています。
その時になると最大で250万人もの介護福祉士が必要になるとも考えられます。
しかしこの福祉士になるためには、国家試験に合格することが必要です。
ですが幸いなことに、大学を卒業すると言った高学歴も必要なく、一度社会に出た人でも、実労働を3年間することで、受験資格も取れることになり、筆記試験に合格することで、資格を持てることになります。
また高校から大学や専門学校に進むことで、その後介護士養成施設に行き、その後国家試験に合格することで、福祉士になることが出来ます。
自身の両親の将来を考えても、この介護の仕事を知っていることで損になることはありません。
また、万が一の時を考え、資格だけでも取っておくと便利と言われます。



介護の福祉士の国家資格を取得することで就ける仕事

介護の仕事に興味を持ち、福祉士の資格を勉強される方も多くいらっしゃいます。
この資格を取得するためには、唯一の国家試験に合格する必要があります。
資格を取得出来ると、利用者の自宅などに行き、高齢者の初め障害者に対して、入浴や排泄、食事など一般的な日常生活に必要な動作を介助する仕事に、就くことが出来ます。
一見、仕事内容からヘルパーさんのような感じもしますが、比較的難易度の高い国家試験をパスしてるので、介護職に就く時には有利になることは間違いないです。
就業出来る施設としては、老人がいらっしゃる様々な施設など、介護サービス全般的につくことが可能となってます。
サービス提供責任者になることも出来るので、将来的には取得しておくのもいいですね。
お年寄りや障害者の方は、介助してくれる方のおかげで生活が出来てるので、この方にとっては必要不可欠な方となってます。



介護福祉士の資格取得で安定的な働き方を

働く上で職を失うリスクは雇用されて働く場合には少なからずあり、特別なスキルや資格を所有していないと再就職が難しい時もあるでしょう。
これから職を選ばれる方や再就職を目指す方は、需要のある職種選びで将来的にも安定した働き方ができるように備えた方が良いかもしれません。
良い職種の一つとして介護福祉士が挙げられ、高齢化社会の影響もあり安定的な需要のある職種です。
通信講座や職業訓練で取得できる資格でも介護の仕事を始める事が可能で、実務経験によりステップアップしていく事もできます。
ステップアップしていく事で独立の道も選べる職種ですので、収入の面でも満足できる状況になれる可能性もあるでしょう。
職選びに悩まれている方や中々再就職できない方は、候補の一つとして検討してみると良いかもしれません。
将来を安定的なものにする上で、有効な手段の一つです。

次の記事へ

カテゴリー