介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護福祉士の資格を取得するためには

介護福祉士の資格を取得するためには

介護福祉士は国家資格の一つです。
この資格がなくても働くことは可能ですが、より専門的な知識を持った介護従事者の証として、この資格は存在しています。
取得のためには、大きく分けて三つの方法があります。
一つは、三年以上の実務経験を積み、実務者研修を修了して、試験を受けることです。
二つ目が福祉系の高校で必要な単位を取得することで、卒業後に試験を受けることができます。
三つめが指定された養成施設などを卒業することです。
この場合、2022年度以降に卒業する場合は国家試験の受験が必要になります。
このように、初めから介護職を目指していなかった場合でも、後から受験要件を満たすことは十分に可能です。
ですが、初めからそのつもりであるなら、専門高校や養成施設などに入ってしまうほうが、スムーズに受験までたどり着くことができます。



介護福祉士の資格を取得したい方

現在、日本は高齢化社会となり、介護福祉士がとても必要となっています。
介護福祉士を取得すれば、老人ホームや病院などで働くことが可能となり、高齢化社会の今はとても需要があり、就職しやすく、安定した職業となっています。
資格は大学や専門学校などで取得することも可能ですが、働きながらや、通信教育などを経て、国家試験に合格すれば、どなたでも取得可能です。
今は高齢化社会であり、施設も人も足りていない状況が続いています。
日本の社会を救うという意味でも、この資格を取得して、働くということは、とても大切なこととなっています。
仕事不足に悩んでいる方、これから福祉の道を目指している方など、どなたでも取得することが可能ですので、日本の高齢化問題を救うという意味合いにおいても、取得して働くことが、日本の社会の為になります。



介護福祉士の資格を取るにはどうすれば良いか

介護福祉士の資格を取るためには福祉系の高校を卒業する事で取得する事が出来ます。
実技は免除され筆記にだけ無事合格すれば資格を受け取れます。
高校では3年間福祉の実技を学べるので免除されます。
他にも介護業務に経験がある場合、より有利になりこちらも筆記を受ける事で無事合格すれば資格を持てます。
経験年数は最低でも3年、従事日時が540日以上で認められます。
未経験、中卒、働きながらでも日数が違いますが最低でも3年あれば取る事が出来ます。
介護福祉士に向いている方は体力があり、人の気持ちを考える事ができる人に適任されます。
小さい頃おじいちゃんおばあちゃんと過ごした事があり、その時の期間がとても楽しかったという人も向いています。
中学生のうちからその希望が強いなら、福祉系の高校に入るのが一番の近道だとわかります。

次の記事へ

カテゴリー