介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護福祉士の資格を取るメリットは

介護福祉士の資格を取るメリットは

介護の仕事をすることは少子高齢化の現代では重要なことです。
介護福祉士の資格を取得しなくても働くことは可能ですが、取得をすることでいくつかのメリットがあります。
資格取得することで給与などの待遇面がよくなるという点はメリットといえるでしょう。
福祉関係の仕事では収入面が厳しいということもありますが、給与がアップする可能性がでてくるため、取得を目指すということも一つの手段です。
次に職種の幅が広がるという点です。
現場では人手不足になることも多く、施設によってはかなり現場は厳しい状況になることもあります。
介護福祉士になることで、管理職やそのほかの役職に就くことができることもあります。
職場の状況によっては転職などを考える方もいます。
有資格者ならば転職時に有利になるため取得を目指してみるというのもいいでしょう。



介護の仕事で福祉士の資格を持つ職員の負担

高齢化社会が問題となっている日本の介護職は、賃金が安い割には重労働があり、人手不足になっています。
この福祉士や介護士の資格を持った人達が、高齢者の世話をしていますが、一人一人のケアが行き届いているとはいえない状態です。
施設に入居せずに、自宅で介護を行っている家庭もいますが、パートナーも共に歳をとっており、高齢者が高齢者の世話をしている状況が危惧されています。
すぐに、現場が改善されることはないかもしれませんが、資格を有することで賃金が上がることや職員の数を増やすことが求められています。
しかし、現実問題としては、その費用を捻出することができずにいます。
子供世代も、親の世話をするのには、フルタイムで働くことができず、老後の資金や子育てをしていくことができず、苦境に立たされています。
国家の力を借りながらも、不安のない老後を提供しなくてはいけません。



介護の現場で必要となる福祉士の資格

高齢化社会である日本において、福祉施設の人材確保が重要視されています。
そのなかでも良質な人材を得るために、介護福祉士の資格を保持していることが雇用の条件にしている施設も少なくはありません。
介護福祉士の受験を受けることができるのは、介護関連の学校を卒業者か施設などで規定された年数以上働いた実績があるものだけです。
受験には筆記試験もあります。
この資格を保持していなくても雇用してもらえる施設などはありますが、ほとんどの場合は、勤務経歴を満たしたら、企業側が受験進めるため、福祉関連で勤務をしている多くの方は保持しているべきだと言えます。
一度合格をしたら、よほどのことがないと取り消しにはなりませんし、更新制度もありませんので、一生涯活用することが出来る資格であると言えます。
これから需要が高まる福祉施設の雇用のために持っていて損はありません。

次の記事へ

カテゴリー