介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護福祉士の資格はとても重宝されます

介護福祉士の資格はとても重宝されます

現在、介護関係の仕事に興味のある方は、介護福祉士の資格を取ることをお勧めします。
今の日本は高齢化が益々進んでおり、一人では生きれない高齢者がどんどん増えており、それを支える働き手が足りていないのが現状です。
社会的にはとても大変な事態ですが、逆に考えれば、人手不足のために、安定した仕事に就けるという考え方も出来ます。
介護福祉士の資格があれば、老人ホームなどで働くことが出来て、国家資格なので、日本中どこでも働くことが可能となっておりますので、安定した職に就くことが出来ます。
さらに、高齢者の方々の生活を支えることにより、自分も嬉しくなり、誰かのために働く素晴らしさを実感することが出来ます。
これから益々需要が増えて行くことが予想されていますので、安定した仕事に就きたい方や、高齢者の方の為に働きたい方に是非お勧めです。



介護福祉士の資格を効率よく取得するには

介護福祉士の資格は、老人ホームやデイサービス、ホームヘルプなどの様々な現場において役立つものとして捉えられています。
最近では、経験豊富なスタッフの採用活動を行っている福祉施設が少なくありませんが、業務に直結する資格を取得することで、面接の際にしっかりとアピールをすることが可能です。
また、研修制度が整っている福祉施設に就職をすることで、働きながら仕事のために必要な知識や経験を身につけることが出来るため、将来的にキャリアアップを目指したい人にとって、大きなメリットがあります。
また、施設によっては在職中のスタッフを対象として、介護福祉士の国家試験の受験対策が行われているところもあり、短期間のうちに合格をしたい人にとって、絶好の環境となっています。
その他、転職時には有資格者の待遇が優れているところを中心に職場探しをすることがポイントです。



介護と福祉士の資格を取得すると年収が変わります

国家試験のなかでも介護や福祉士は注目を集めている資格でもあるので、資格取得に向けて勉強をしている人はたくさんいます。
資格を取得したら現場でヘルパーとして活躍している人が多いので、業界でキャリアアップしたいのであれば、できるだけ早めに受験に合格して現場から信頼されるように努力しましょう。
受験に合格するためには、3年以上の実務経験が必要になります。
福祉系の高校を卒業していれば、筆記試験を受けることができて、試験に合格すれば、要請施設で登録や正式に認定を受けることができます。
今年からは実技試験が廃止になったので、挑戦しようという気持ちがあれば、誰でも試験を受けることができるような仕組みに変わりました。
3年以上の実務経験があれば、学生以上の知識と経験があるはずなので、現場で働くときには一人前になっています。

次の記事へ

カテゴリー