介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護福祉士の実務者研修

介護福祉士の実務者研修

 介護福祉士を目指す上で欠かせないのが実務者研修です。平成二十八年度の国家試験から三年以上の実務経験に加えてこの研修の修了も義務付けられたため、資格を取得するに当たっては避けて通れません。介護の基礎知識や技術の会得を目指して行われる初任者研修に対し、より実践的なスキルや知識を習得するいわば介護者としてのステップアップが臨めるのが実務者研修です。カリキュラム自体は初任者研修と同様のものもありますが全体的な受講時間数はおよそ四百五十時間程度と大幅に増えており、医療的な知識も含めたより幅広い内容が学べるようになっています。介護福祉士以外にもサービス提供責任者やホームヘルパー一級の資格取得にも実務者研修が必須である点を踏まえると、介護の実践現場にとって如何に重要な知識や技術が身に付けられる場であるかがわかることでしょう。

 実務者研修の受講資格には特に制限は設けられていません。介護をゼロから学ぶという方でも、実務者研修の受講は可能です。ただし初任者研修を終えていれば百三十時間分の科目免除がありますので、基礎からはじめて徐々にステップアップを目指すという方もいらっしゃいます。いきなり四百時間以上の受講時間を確保するのは難しいという場合には初任者研修から始め、予め目標となる資格が決まっている場合には実務者研修から始めるという方が多いようです。専門的な内容が多く含まれているものの初心者でもわかりやすいようなテキストを使い演習も交えながら指導を行うなど、現在の習熟度を問わず理解しやすい工夫が随所に見られます。そのため初心者であっても挫折する心配はほとんどありません。受講時間と初期投資さえ確保できれば、どなたでも必要な知識を身に着けることができます。

 通信と通学の併用であったり通学オンリーであったりと、学習スタイルには幅があります。いずれを選択した場合でも医師や看護師等の医療従事者でなければ原則行うことができない痰吸引や経管栄養といった専門技術を始め、必ず通学形式で学ばなければならない時間が発生します。事前に通いやすさや受講日を確認した上で受講先を選ぶと良いでしょう。義務ではないため研修を受ける場所によって差はありますが、修了時に筆記及び実技試験が行われる場合もあります。しかし万が一合格できなかった場合でも追試験が行われたり、理解しづらかった内容を再度学び直せるよう受講期間の延長ができたりといった配慮が為されているところが殆どです。ご自身の理解度がどの程度であるか確認するためにも、肩の力を抜きリラックスして臨むようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー