介護福祉士の資格を取るなら!介護福祉士専門学校ランキング

top > 介護福祉士とは > 介護の仕事は介護福祉士の資格を取った方が良い

介護の仕事は介護福祉士の資格を取った方が良い

介護の仕事をしている、若しくはこれから始めようとしている方がいるはずです。
人材不足で全国各地に求人があるので、賢明な選択だと言うことができます。
ただ、この業界は給料などの待遇面が決して良くないので、資格を取得して給料をアップさせるべきです。
いくつか候補になる資格がありますが、介護福祉士が特におすすめです。
合格率は60%前後で推移していますが、平成28年度は70%を超えているので、しっかり対策を講じれば合格することができます。
難易度が高い国家資格はスクールで学んだ方がいいのですが、介護福祉士の場合は市販のテキストで合格できるレベルまでの対策を講じることが可能です。
筆記試験は60%ほどが合格基準となっています。
したがって、難しい問題は捨てることを推奨します。
合格基準に達していればいいと考えることが大事です。



介護系で働きたい人は福祉士という資格を知ろう

日本には色々な種類の検定試験があります。
希望業種に就職するため、試験の合格に必死なっている人も多いでしょう。
雇用が不安定だったり、終身雇用制度が崩れている先が見えない不安な時代であるからこそ、安定した仕事に就きたいと考えたり、手に職をつけたいと願う人は多いです。
特に国家資格となると一生仕事には困らないでしょう。
高齢化が進む日本では、これから介護関係の必要性がますます高まることは明らかで、介護関係への就職を望む人もいるはずです。
介護福祉士もこれから需要のある仕事の一つで、目指すのならば早く計画を立てて行動することが大事です。
高校生ならば、進学先を決める際に資格合格率や就職の実績がある学校を選ぶのも良いでしょう。
ただ、安定を求めすぎて資格や仕事内容をよく知らないまま就職して現実とのギャップに苦しむ人もいるので、仕事内容はよく把握しておくことも大切です。



介護にも福祉士と言う資格があります

介護には単に福祉と言うカテゴリーの中にでもかなり幅広い分野があります。
それはつまりはスキルをアップする毎にステップアップが出来ると言う事になります。
誰にでも簡単に取得できると言う資格から今度はある程度の基準を満たせば、また一段上のライセンス取得にトライ出来ると言う事になります。
そのために知識と技術を取得する事により、地位が高くなると言う事にも繋がると言う訳です。
まずはホームヘルパーの資格を取得します。
大凡4か月の講習期間で取得できると言われています。
そして実務経験を満たします。
この期間が大凡5と言われています。
但しこの実務経験と言っても、必ずその条件適応した施設で仕事をする事が求められます。
その後介護福祉士になるための講習を受けます。
但し、この場合も単に講習を受けられると言う事でもなく、条件に当て嵌まってこそです。
クリアすれば、福祉士の国家試験を受けて合格の道が開かれると言う事です。

次の記事へ

カテゴリー